当センターについてabout us

アクセスaccess

公共交通機関、お車ご利用の際ご活用ください。

住所

〒810-0054 福岡市中央区今川2丁目16-16

MAP

お車をご利用の方

天神方面よりお越しの方

  1. 『明治通り』福岡記念病院先の『西新1丁目』交差点より左折
  2. 2つ目の交差点『西新1丁目』を左折
  3. 橋を渡って50mほど進むと看板が見えます。

姪浜方面よりお越しの方

  1. 『明治通り』西新駅手前の『西新』交差点を右折
  2. 2つ目の交差点『城西1丁目』交差点を左折
  3. 橋を渡って50mほど進むと看板が見えます。

飛行機をご利用の方

  1. 福岡市地下鉄福岡空港駅より空港線西新駅下車
  2. 徒歩約6分タクシー約2分

JRをご利用の方

  1. JR博多駅下車
  2. 福岡市地下鉄博多駅より空港線西新駅下車
  3. 徒歩約6分タクシー約2分

西鉄電車をご利用の方

  1. 西鉄電車福岡(天神)駅下車
  2. 福岡市地下鉄博多駅より空港線西新駅下車
  3. 徒歩約6分タクシー約2分

福岡市地下鉄をご利用の方

  1. 福岡市地下鉄空港線西新駅下車
  2. 徒歩約6分タクシー約2分

バスをご利用の方

  1. 今川橋バス停下車
  2. 徒歩約3分

検査機器equipment

当センターは総合健診センターというその名前の通り、人間ドックなど各種ドック、企業健診、婦人科検診、特定健診・特定保健指導、がん検診などのあらゆる健診を総合的に行っていきます。PET-CTはの機器を導入しております。また、近い将来MRI装置を導入するため、磁気シールドの部屋を既に用意しています。

PET-CT

米国General Electric社製のDiscovery ST EliteというPET-CTを導入しています。

PET-CTはPETとCTが一体となった装置であり、PETから得られる機能・代謝情報にCT からの形態・位置情報が加わることで、PET単独の装置と比べて格段に病変の診断能が向上します。

Discovery ST Eliteの主な特長

  • 低投与量でも高画質を実現する新設計の超高感度検出器
  • 患者さんに優しい低被曝検査と広い患者環境

超音波診断装置

マンモグラフィー撮影装置

島津製作所のSEPIO Cを導入しています。毎朝、精度管理を行い、より精度の高い画像ができるよう心がけています。

また、マンモグラフィ検診精度管理中央委員会より認定を受け た女性技師が読影を行っています。読影も、マンモグラフィ検診精度管理中央委員会より認定を受けた専門医が行っています。

X線撮影装置

全国的に胃透視に変わって胃カメラが多く行われるようになりました。また、当センターでも胃カメラをお勧めしています。

しかし、どうしても胃カメラはいやだと言われる方に胃透視を行っています。その場合、胃透視の経験豊富な技師が読影担当し、細かなところまできれいに映し出しています。 また、この装置で婦人科での撮影にも使用しています。

施設概要outline

施設名 福岡中央総合健診センター
住所 〒810-0054 福岡市中央区今川2丁目16-16
駐車場スペース 11台
電話 092-739-0110
FAX 092-739-0212
開設年月日 平成19年11月1日
医師 常勤3名 非常勤7名