婦人科gynecology

婦人科クリニックの併設

健診センターの一角に婦人科クリニックを併設し、婦人科検診、婦人科診療のほか、体外受精などによる不妊治療も行っています。

婦人科(不妊治療助成費実施指定医療機関)

一般婦人科、妊婦健診、不妊症治療、不育症治療(不妊治療助成費実施指定医療機関)

健診センター婦人科の特徴

レディース・クリニックを凌駕する機能を有します

常勤の産婦人科専門医による診療

日本産科婦人科学会認定の産婦人科専門医が担当しておりますので、安心して婦人科治療を受けていただけます。また常に同じドクターが診療を行っておりますので診療のたびにドクターが違うなどといった心配もございません。

完全なレディース・クリニック構造

婦人科はこの健診センター内で独立した構造になっております。婦人科専用の外来入口と待合室を有しますので、婦人科外来受診の患者様のプライバシー保護にも役立っております。

不妊症・不育症に特に重点をおいた設計

今回健診センター設立に当たって、婦人科独自の採卵室(手術室)・胚培養室・採精室・カウンセリング室を設置しました。これにより最新の体外授精施設基準もクリアしております。また、カウンセリング室での不妊症・不育症患者様の精神的バックアップも行っております。

一般婦人科治療も可能

また、もちろんのことですが、不妊症・不育症以外の一般婦人科の診療も行っております。

健診センター機器の利用による女性の全身の健康管理が可能

当検診センターには、乳癌健診に必要なマンモグラフィーや乳房健診専用の超音波断層装置や骨塩定量装置も有しますので、子宮癌検診だけでなく女性のトータルヘルスケアに必要な診断を行うことができます。また、癌を発見するのに有用な最新のPET-CTも設置しております。

関連施設の利用によりレディース・クリニックを凌駕する大学レベルの診断が可能

近隣に位置する関連病院との連携により、さらに64列マルチスライスCTや3D-MRI等の画像診断装置を利用することにより、迅速かつ詳細な診断を可能にしています。

関連施設の利用により入院・手術も可能

関連施設との連携により入院を必要とする開腹手術や子宮鏡下手術・腹腔鏡検査も可能です。

診療内容medical content

一般婦人科、妊婦健診(分娩施設なし)
不妊症治療、不育症治療(体外受精施設あり)

診療時間

診察時間
8:30〜12:30
13:30〜17:00 -※1 -
  • ※1 水曜日午後は記念病院手術日のため休診となります。

婦人科疾患

不妊症

一般不妊症治療・人工授精・体外授精まで行っております。

不育症

不育症の原因検索・黄体ホルモン補充療法・ピシバニール療法等を行っております。

子宮癌検診

子宮頸癌・体癌のチェックや超音波診断装置による卵巣のチェック

月経不順

月経周期の不順や不正出血の御相談・ホルモンバランスのチェック

更年期障害

漢方療法・ホルモン療法等

ピル外来

低容量ピルや緊急避妊ピルの処方

その他一般婦人科

子宮脱等

産科疾患

妊娠の判定、妊婦健診(妊娠35週まで、分娩は行っておりません

主な自費費用expense cost

現在作成中です。

受付・待合室reception desk

待合室にいる間、他の健診の方の目線が気にならないように婦人科の専用の玄関、受付、待合室を設けております。

婦人科専用の玄関

無料相談free consultation

たとえば

月経不順があるけど治療しなくていいの?
そろそろ子供が欲しいのになかなかできないけど、どうしたらいいの?
更年期に入って冷えのぼせをするけど、どんな治療をうければ・・・

等のご質問がありましたら、どうぞ無料相談をお受けください。(初回のみです)こういった御相談の中にはお話だけで解決するものもありますのでお気軽にご利用ください。お話だけでしたら無料で経済的です。(なお治療・投薬等の診療行為を行う際には有料となります。)

対象 初回診療の方のみです。(ご予約が必要です。下記の予約の方法をお読み下さい)女性の方のみです。(不妊症・不育症についてはパートナーの男性も可です)
対象疾患 不妊症や不育症の御相談
一般婦人科疾患(膣炎・月経不順・受胎調節・更年期障害 e.t.c.)に関する御相談
予約方法 予約先:092-739-0110
福岡記念PET・健診センター婦人科受付まで(予約時には無料相談希望とお伝え下さい。)
  • ※無料相談時間は原則として20分間です。(20分経過以降は30分毎に5,000円の料金が必要となります。)

治療事例・患者様の声voice

不妊治療事例

ケース1

東京ですでに体外受精まで治療を受けられた39歳の患者さまですが、福岡に転勤され、こちらでの不妊治療を希望され福岡記念病院産婦人科へ受診されました。

血液検査を行ったところ高プロラクチン血症を、子宮卵管造影および婦人科エコーで子宮内膜ポリープを認めましたので、高プロラクチン血症に対する薬物療法と子宮鏡による子宮内膜ポリープ切除後に、人工授精で妊娠され、お子さんが生まれました。

ケース2

横浜のレディースクリニックで不妊治療を受けられていた患者さまです が、治療のお話をうかがったところ、子宮卵管造影検査なしに治療を受けていたことが判明し、子宮卵管造影直後に妊娠されました。(卵管造影検査には、画像 診断検査であるとともに、卵管通過性を良好にし、妊娠しやすくする治療効果もあります)

ケース1では、体外受精まで行われていましたが、肝心の子宮内の病変の確認に特に問題があったようです。子宮内膜ポリープは子宮卵管造影やエコーでも発見が困難な場合があります。

ケース2では、子宮卵管造影は不妊治療では不可欠の検査であるにもかかわらず、検査されていなかったようです。(下記の画像は卵管造影の参考画像です。)

正常卵管造影像正常卵管造影像

片側の卵管が閉塞している像片側の卵管が閉塞している像


患者様の声

体外授精の患者様1

両卵管閉塞により、他県でFTを受け両卵管通過しましたが、その後2年間妊娠に至らず、山下先生の元で卵管造影検査をし、再度両卵管が閉塞している事がわかりました。

ずっと、やはり体外受精しかないのかな...と思いつつも、踏み出せずにいましたが、検査等の丁寧さや先生のお人柄、看護婦さんの明るい対応等々、今まで行った病院とは違うと感じ、ここで体外受精をお願いしたい、と決める事ができました。

連日の注射や○○○(←鼻のスプレーの名前、忘れてしまいました)飲み薬により、多少の副作用もありましたが無事採卵する事ができました。

卵巣の腫れにより、受精卵を凍結保存し一周期後に戻し、妊娠する事ができました。初めての体外受精で赤ちゃんを授かる事ができ、信じられない思いと幸福感でいっぱいでした。

今回授かる事ができたのは、赤ちゃんの生命力はもちろんの事、山下先生や看護婦さん、携わって下さった病院の方、家族、全ての方々のお陰だと感謝する毎日です。現在安定期を迎え、順調な日々を送っております。毎日幸せを感じながら赤ちゃんの誕生を家族と共に心待ちにしています。

先生をはじめ皆様には大変お世話になりました。本当にありがとうございました。


体外授精の患者様2

結婚して3年なかなか子供ができず不妊治療を考えはじめました。友人の看護師さんに相談したところ山下先生を紹介してもらいました。最初は不安でいっぱいでしたが、山下先生は優しく何でも相談しやすく治療に挑むことができました。

初めは卵管造影検査から...あまりの痛みで途中でやめてもらいました。けどこの検査が終わらないと次に進めないので、別の日に2回目へお薬で痛みを和らげてもらい再度挑戦です。結果卵管が両方つまっていて自然に妊娠は難しいという結果でした。ショックは大きかったけど前に進まなければ子供は授かれないので体外受精を決意しました。

採卵日まで週に3日ほど病院に通わなければならなくて大変でした。3個採卵して2個受精に成功していました。

採卵して4日後、1個の受精卵を子宮内に戻しました。初めてのことだったので妊娠した気分になり毎日がワクワクでした。けど残念ながら着床することはできませんでした。

最後1個は受精卵は自然周期で戻すことになりました。次はあまり期待せずに気楽な気持ちで通っていました。妊娠判定の日、自覚症状はなかったのですが妊娠していました。すごく嬉しかったです。妊娠しても出血で入院したりと大変でしたが無事に10週目に入っています。ここまで頑張れたのも山下先生をはじめ優しい看護師さん達の応援があったからです。ほんとうに今までお世話になりました。2人目のときはまたよろしくお願いします。

福岡市中央区 O.T


一般不妊治療の患者様

約2ヵ月間大変お世話になりました。

お陰様で短期間にて妊娠することが出来ました。一番良かった点は、安心して治療・診察を受けることができたことです。時間をかけて治療・検査内容など先生が説明してくださり、疑問点があればきちんと分かりやすく教えて頂きました。

先生をはじめスタッフの皆様にとても親切にして頂き本当に感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。(Y.U)


腹腔鏡治療の患者様

結婚5年めを間近に控え、子どもがほしい!!という思いが強くなり、急いで病院を探しました。身近な先輩からの情報とインターネットを参考にして、山下先生のもとに相談に行きました。

今までの私の不妊治療のイメージは、なんとなく恥ずかしい...というものでした。しかし初めて相談に行った時に、優しく丁寧に分かりやすく治療の説明をして頂き、不安や迷いの気持ちがなくなりました。

それから治療が始まり、私の体は排卵障害のある、PCOであることが分かりました。クロミッドを飲みながらタイミング療法やHMGを試したものの、なかなかうまく排卵できず、卵巣を灼く腹腔鏡手術をすすめられました。"手術"という言葉は衝撃的でしたが、自分でもびっくりするくらいあっさり「お願いします」と返事をしていました。

そして術後2回めの人工受精で妊娠することができました。

私は約1年山下先生にお世話になりました。生理が始まると落ち込むこともありましたが、先生をとても信頼していたので、通院も治療も苦になりませんでした。

先生はとても気さくな方で、一番に患者を思いやって下さるので、何でも気軽に相談することができました。看護士の方たちもいつも優しく時には励まして下さりました。先生そして看護士さんに「おめでとう」と言われ一緒に喜んで下さった日は忘れません。

山下先生、本当に...本当に有難うございました。
福岡市早良区 Y