禁煙外来Smoking Cessation Clinic

喫煙は治療できます going cold turkey

「タバコが体に悪いことは十分に理解しているけれど…」「やめようと思っているけれど…」このように、やめようと思っていても、やめたくてもやめられない状態を依存といい、喫煙の本質はニコチン依存症です。ニコチンが体の中からなくなりそうになると、タバコを吸って体の中にニコチンを補給します。この繰り返しが喫煙習慣の正体です。薬物のために自分をコントロールできない状況は治療の対象になります。禁煙は意思の問題だけでなく、喫煙はニコチンという薬物の依存症であるという認識を持ち、専門の治療が必要であるという認識が必要です。

 

ニコチン依存症の診断

まず「ニコチン依存症」かどうかを判定するために10項目の質問に答えて頂きます。(TDS = Tobacco Dependence Screener)タバコが止められない理由は、タバコの煙に含まれる"ニコチン"が麻薬にも劣らない強い依存性をもつためです。そのため、喫煙習慣は「ニコチン依存症」という治療が必要な病気と理解されています。

禁煙プログラム

禁煙の薬には、ニコチンを含まない飲み薬とニコチンパッチ(皮膚に貼る薬)、ニコチンガムがあります。それぞれ長所・短所がありますので、ご自身にあった薬を選択するのが重要です。
禁煙治療は健康保険で受けることが出来ますが、12週間にわたり計5回の定期的な診察が必要です。
各診察時には息に含まれる一酸化炭素の濃度を測定して、禁煙の実行が確認できますし、励みにもなります。診察でのいろいろなアドバイスを受けて頂くことで、禁煙が成功しやすくなります。

12週間の禁煙スケジュール

保険適応条件

1. 健康保険等が適応される「禁煙治療を受けるための要件」として、以下の4つをみたしていること

1.ニコチン依存症を診断するテストで5点以上

  YES NO
Q1 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか?
Q2 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
Q3 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなく なることがありましたか。
Q4 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。
イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加
Q5 Q4 でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
Q6 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
Q7 タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
Q8 タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことが ありましたか。
Q9 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
Q10 タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

2.[1日の平均喫煙本数]×[これまでの喫煙年数]=200 以上(35歳未満は200以下でも可)

3.1ヶ月以内に禁煙を始めたいと思っている

4.禁煙治療を受けることに文書で同意している

2. 前回の禁煙治療初診日から1年経過している

過去に禁煙治療を健康保険等で受けたことがある場合、前回治療の初回診察日から1年経過しないうちは、保険適用となりません。

3. 健康保険等で禁煙治療が受けられる医療機関の受診

当センターの禁煙外来の受診が可能です。

診療時間

診察時間
11:00〜13:00 - -
14:00〜17:00 - -

※ 初回受信時には必ずご予約が必要です。
※日曜・祝祭日は休診です。

受診について

受診をご希望の方や治療についてご質問のある方は、下記の番号へお電話いただくかメールにてご連絡ください。

電話によるご予約・お問い合わせ

092-739-0110までお気軽にご連絡ください。
受付時間:(月~金)8:30~16:30 /(土)8:30〜11:30

メールによるご予約・お問い合わせ

こちらのメールフォームより必要事項をご入力の上、送信してください。